准メンタルケア心理専門士取得後の主な仕事内容

 メインは心理カウンセリング

 

准メンタルケア心理専門士取得後の主な仕事内容ということですが、准メンタルケア心理専門士の資格を取得後の仕事内容としてはやはりまず心理カウンセリングが挙げられるでしょう。心理カウンセラーとして心理カウンセリングをするために、准メンタルケア心理専門士の資格を取得したという方も多いかと思います。

 

准メンタルケア心理専門士というのは、心理系の資格の中でも上位に位置するものです。同じメンタルケア系の資格の中には、さらに上位のメンタルケア心理専門士の資格がありますが、そのメンタルケア心理専門士に次ぐ資格ですので、しっかりとした心理カウンセリングをおこなっていくことができるでしょう。

 

性別や年齢に関係なく、より多くのクライエントに対して適切な心理カウンセリングをおこなっていくことができるのではないでしょうか。准メンタルケア心理専門士の場合、誰に対する心理カウンセリングという制限がありません。そのため、心理カウンセリングを求めている方に対しては、誰にでも心理カウンセリングをおこなっていくことができるのです。

 

 メンタル面での指導などもできるように

 

准メンタルケア心理専門士の資格が取得できるレベルになっていれば、心理カウンセリング以外でもいろいろな仕事ができるようになっているでしょう。例えば、メンタル面での指導などもできるかと思います。働く人のためのセミナーや家庭向けのセミナーでメンタル面での指導をおこなっていけば、より多くの方のためになります。

 

もちろん、セミナーなどを開催するにはそれなりの人を集める必要がありますので、ある程度の知名度も必要になってくるでしょう。セミナーなどを開催できるほどではないということであれば、個人レッスンのような形で指導をしていくこともできるでしょう。少人数セミナーという形で開催するのもひとつの方法です。

 

准メンタルケア心理専門士のレベルまで来ると、仕事というのは自分の発想次第でいくらでも作りだしていくことができるでしょう。上位資格のメンタルケア心理専門士の資格を取得することによって、もっと仕事における可能性も広げられるかと思います。ただ、准メンタルケア心理専門士の資格だけでも信頼や信用というのは十分に得られるでしょうから、仕事に関しても、いろいろなアプローチをしていくといいのではないでしょうか。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら