臨床心理士の次に権威ある資格はメンタルケア心理士

 最難関とされているのは臨床心理士

 

心理学というものが注目されるようになり、現在ではいろいろな資格が見られるようになりました。いろいろな資格が存在し、現代人に求められている心理学ではありますが、実は心理学に関する資格はすべて民間資格であるということをご存知でしょうか。

 

心理学に関する資格の中で最難関と言われているのが臨床心理士です。指定された大学院まで行き、そこから臨床心理士資格取得試験を受けることになります。受けて確実に受かるものではありませんので、資格取得までの道のりはかなり遠いといえるでしょう。それだけ時間と労力、お金もかかるのです。しかしながら、それだけのものが求められるのにも関わらず、臨床心理士もまた民間資格のひとつなのです。

 

心理学に関する資格の中で最難関と言われている臨床心理士だからこそ、国家資格にすべきだという話はあるのですが、今のところ実現していません。国家資格になる可能性はあるものの、それがいつ頃になるのかというのはまだまだわからないのです。しばらくは民間資格のままになるでしょう。

 

 臨床心理士の次に来るのがメンタルケア心理士

 

心理学に関する資格の中で最難関と言われている臨床心理士の次に来るのがメンタルケア心理士という資格になります。これも臨床心理士と同じく、民間資格になります。しかしながら、民間資格ではあるものの、権威ある資格でもあるのです。

 

というのも、メンタルケア心理士の資格というのは、厚生労働省に認定されているのです。厚生労働省というのは言うまでもなく、国におけるひとつの大きな機関です。その厚生労働省がメンタルケア心理士の資格を認めているのです。メンタルケア心理士に対して、「一定の職業能力がある」と厚生労働省が判断したのです。

 

もちろん、厚生労働省が認めているからといって国家資格であるとは言えないのですが、民間資格でありながら、公的に認められている資格でもあると言えるでしょう。資格取得までの難易度で言えば臨床心理士のほうが上かもしれませんが、公的に認められているというところがメンタルケア心理士の強みであるといっていいでしょう。しかも、メンタルケア心理士の資格の取得というのは、臨床心理士の資格の取得に比べれば、かなりハードルは下がるものです。今すぐにでも資格を取得するために動きだすことも可能なのです。取得しやすく権威もあるというのがメンタルケア心理士の強みなのです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら