メンタルケア心理士取得後の主な勤務先

 医療や福祉、教育の現場

 

メンタルケア心理士の資格を取得すると、いろいろなところで役立つものです。勤務先でも当然役立ってくるでしょう。メンタルケア心理士の資格取得後の主な勤務先としては、医療や福祉、教育の現場などが挙げられます。

 

医療現場というのは命を左右する場所になりますので、思っている以上のプレッシャーがかかってくるものです。責任も当然重くなってきますし、いろいろなタイプの患者さんを相手にすることになりますのでその中でメンタルが参ってしまうこともあるでしょう。そういったときに、メンタルケア心理士が役立ってくるのです。

 

福祉の現場も同じです。福祉の現場というのは、当然医療とも関係してきますし、何よりも常に誰かを支え助ける仕事になりますので、精神的な負担も肉体的な負担も大きくなってきます。職場環境に恵まれていないところも少なくありませんし、そういった中で精神を病んでしまう方も多いものです。そういった中にメンタルケア心理士がひとりでもいると、職場環境というのはぐっとよくなっていくものです。

 

そして、教育現場です。子ども同士のいじめ、モンスターペアレントなどさまざまな問題を抱えている教育現場ですが、どれも心の問題が関係しています。こういった状況を改善するためにも、こういった状況の中で心を病んでしまった職員のためにも、メンタルケア心理士が必要とされるのです。

 

 企業内での相談室

 

企業内での人間関係に悩まされている方というのは本当に多いものです。そういった悩みから心を病んでしまい、仕事を辞めてしまうという方も少なくありません。そういったことを防ぐために、最近では企業内に相談室を設けているところも見られるようになりました。メンタルケア心理士は、こういった企業内に設けられた相談室でも求められる存在になるでしょう。

 

もちろん、メンタルのケアに特化した働き方だけではなく、事務員とカウンセラーを兼ねるといった二足の草鞋のような形で働くこともできるでしょう。ただ、やはりメンタルケア心理士の資格を取得していると、メンタル面でのケアの仕事を多く任されるようになるでしょうし、そういった働きを期待されることが多くなってくるのではないでしょうか。メンタルケア心理士の資格というのは、仕事の可能性を広げてくれる資格でもあります。これまでとは違った働き方というものを実現させてくれるのではないでしょうか。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら