准メンタルケア心理専門士在宅試験当日の流れ

 准メンタルケア心理専門士の在宅試験日は決まっている

 

准メンタルケア心理専門士の資格を取得するための試験は、在宅試験になります。在宅試験というと、自分の都合のいいときに好きなタイミングで始められるものと思っている方も多いのではないでしょうか。しかしながら、准メンタルケア心理専門士の在宅試験が開催される日というのは決まっています。
決められた日に、准メンタルケア心理専門士の資格取得を目指している方が一斉に在宅試験を始めるということになっているのです。そのため、まずは試験日には予定をしっかりと空けておくことが大切です。その日1日は、まるっと予定を空けておくと安心です。

 

 郵便物を受け取って、試験を受けて、返送する

 

試験日当日には午前中に郵便物が届くはずです。まずは、これを確実に受け取るようにしましょう。この郵便物には、解答用紙をはじめ、大切な書類がたくさん入っていますので受け取った後には中身をしっかりと確認しておきます。
試験が開始となるのは午後からになります。決まった時間から試験をスタートし、決まった時間に試験を終えます。いくら在宅での試験だからといっても、油断しすぎないようにしましょう。場所が自宅というだけで試験は試験です。試験会場にいるかのような気持ちで試験を受けるようにしたいものです。
試験が終わったら、解答用紙などを返送する必要があります。何を返送しなければいけないのかについては、郵送されてきた書類などに記載されているはずです。そういったものを細かくチェックしながら、入れ忘れがないように必要な書類を封筒に入れ、返送します。できることなら試験を受けたその日のうちに返送しておきたいものですが、翌日に返送するという形でも問題ないでしょう。
一般的な試験会場でおこなわれる試験の場合、解答用紙というのは自然と集められるものです。自分が席に座っていても回収されていくので、そういった感覚に慣れていると試験を受けただけで安心してしまうかもしれません。しかしながら、在宅試験である以上、解答用紙は自分のほうから返送していかないことには意味がありません。試験を受けて終わりとなってしまうと、本当に試験を受けただけで終わってしまいます。時間も無駄になってしまいますので、試験が終わった後にはすぐに返送作業に入るようにしておいたほうがいいでしょう。最後まで油断しないようにしましょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら