メンタルケアカウンセラー取得後の主な勤務先

 基本的に採用されればどこででも役立てる

 

メンタルケアカウンセラー取得後の主な勤務先ということですが、基本的にメンタルケアカウンセラーの資格を取得した後に採用されたところであればどこででも役立てることができます。というのも、メンタルケアカウンセラーの資格というのは心理系の資格の中でも入門編のような立ち位置の資格になります。

 

心理系の資格の中でも上位に食い込むような資格を取得していれば、その資格を全面に押し出して仕事に活かすという形で活躍していくことができるのですが、ハッキリ言ってメンタルケアカウンセラーにはそこまでの力というのはありません。誰にでも取得できる資格ですし、難易度も低いので仕方のない部分でもあります。

 

ただ、逆に言えば、場所を選ばずにどこででも活かしていくことのできる資格でもあるのです。スーパーのレジ、アパレルショップでの接客、コールセンターでの電話対応、一般企業での事務・・・基本的にどのような仕事であっても、メンタルケアカウンセラーの資格を通して得た知識というのは活かしていくことができるのです。

 

 資格を活かしたいのであれば上位資格を取得すること

 

せっかくメンタルケアカウンセラーの資格を取得したのだからその資格を活かしていきたいと考えるのは当たり前のことです。しかしながら、先でもお話ししましたようにメンタルケアカウンセラーの資格というのは、心理系の資格の中でも入門編のようなものです。そのため、資格を全面に出して活かすにはやはり力が足りないのです。

 

資格を全面に出してしっかりと活かしてきたいということであれば、メンタルケアカウンセラーの上位資格を取得することです。メンタルケアカウンセラーの上位には、メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士といった資格があるのです。これらの資格取得を目指していくといいでしょう。

 

メンタルケア心理士まで取得しておくと心理カウンセラーとして活躍していくのに十分ですし、准メンタルケア心理専門士やメンタルケア心理専門士となってくると、医療機関や福祉施設、教育機関、一般企業などのより心の支援を必要としているところで活躍していくことができます。もちろん、心理カウンセラーとしてカウンセリングルームを持つという形で独立開業することもできますので、働き方の幅というのは広がってくるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら