ついに国家資格が登場か?社会人から取得不可能な公認心理師の全貌

 心理系の国家資格である公認心理師

 

今現在、心理系の資格というのは本当にさまざまなものが存在します。しかしながら、その多くが民間資格でした。というのも、心理系の資格の中には国家資格となるものがなかったのです。そのため、心理系の資格というのはすべてが民間のもので、その中での最高峰であり最難関であるのが臨床心理士であるという位置づけでした。この臨床心理士を国家資格にするという話もあったのですが、臨床心理士が国家資格になる前に別の心理系の国家資格が誕生しました。それが公認心理師です。
公認心理師というのは、日本の心理職国家資格になります。つい最近、国家資格として誕生したものになります。公認心理師の資格を持っている方以外は、「心理師」という表現を使うことが禁止されました。「心理士」のほうはこれまで通り使えるので、民間の資格での「心理士」を名乗ることは許されています。
公認心理師は、心理検査やカウンセリング、心理療法といったもの全般をおこなっていくことができます。できることとしては、臨床心理士とかぶるところも多くなってくるようです。ただ、臨床心理士とはまったく別の資格になりますので、その点は理解しておきましょう。

 

 社会人から取得不可能な公認心理師

 

臨床心理士はハードルは高いものの社会人からでもどうにかすれば資格を取得することができたのですが、公認心理師に関しては社会人からの取得が不可能になります。というのも、養成課程として養成学部と養成大学院へ通うか、養成学部から指定された施設で一定期間の実務経験が求められるのです。
さらに、資格取得にあたっての学歴制限も設けられています。大学の学部で心理学などの必要科目を修めて卒業した方であれば、公認心理師を目指していくことができます。逆にいえば、心理学とは無縁の学部を卒業している方であれば、その時点で資格がないということになります。大学に入り直して、必要な単位を取得するところから始めることになりますので、社会人の方には厳しいでしょう。
初めて誕生した心理系の国家資格ではあるものの、臨床心理士以上にハードルが高いといっていいのではないでしょうか。今後変わっていく可能性はあるものの、今の時点では社会人の方が資格取得を目指すのはまず無理でしょう。新しく誕生したばかりの資格になりますので、今後の動向に注目しておきたいものです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら