准メンタルケア心理専門士取得後の主な勤務先

 福祉施設や教育機関、一般企業などが主な勤務先に

 

准メンタルケア心理専門士取得後の主な勤務先ということですが、准メンタルケア心理専門士というのは心理系の資格の中でも上位に位置するものです。同じメンタルケア系の資格の中ではメンタルケア心理専門士というものがありますが、そのメンタルケア心理専門士に次ぐ資格になりますので、難易度や信頼、信用でも十分な説得力を持っています。

 

准メンタルケア心理専門士の資格を取得した方の主な勤務先として挙げられるのは、福祉施設や教育機関、一般企業などになってくるでしょう。特に、これからの時代は一般企業で准メンタルケア心理専門士のような心のエキスパートが求められるようになるでしょう。働く人の心の問題というのは、思っている以上に深刻なのです。

 

基本的に人の心を扱う資格になりますので、人が心に問題を抱えているのであれば、どこででも活躍できるでしょう。ただ、特に福祉施設や教育機関、一般企業は心に問題を抱えている方が多いため、こういったところが主な勤務先になってくるといえるのです。活躍できる場所自体は、かなり多いと思っていいでしょう。

 

 NPO法人などでも歓迎される可能性がある

 

准メンタルケア心理専門士の資格を取得した方であれば、NPO法人などでも歓迎される可能性があります。というのも、NPO法人にもいろいろなものがあります。障碍者への就職支援をしているようなところもあれば、それこそ心理カウンセリングをメインに活動しているようなところもあります。

 

NPO法人のすべてが一概にそうだとは言えないのですが、NPO法人で求人を出しているところというのは、有資格者を求めている傾向にあります。つまり、准メンタルケア心理専門士のようなきちんとした団体から認定を受けている資格というのは、それだけでNPO法人で歓迎される可能性があるのです。

 

NPO法人などは、やはり困っている方を助けるといったスタンスで活動をしているところが多く、そういった活動の中では准メンタルケア心理専門士のような資格を持った方というのは貴重な人材として扱われることになるでしょう。一般的な企業での雇用などと比べると、不安になるところもあるかもしれませんが、きちんとしたNPO法人で資格を役立てることができれば、それも安定した収入につながってくるかもしれません。活躍の場としてNPO法人を検討してみるのもいいでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら