メンタルケア心理専門士取得後の主な勤務先

 メンタルケア心理専門士になると勤務先の幅も広がる

 

メンタルケア心理専門士取得後の主な勤務先ということですが、メンタルケア心理専門士になるとやはり勤務先の幅もかなり広がってくることになるでしょう。基本的に人の心を扱う資格になりますので、人と人との関わりがある以上は、どのような業界でも活躍できると考えてもいいでしょう。

 

ただ、主な勤務先となってくると福祉施設や教育機関、一般企業といったところになってくるでしょうか。福祉施設や教育機関は言わずもがなという感じなのですが、人によっては一般企業に意外性を感じたかもしれません。今は働く人の心のケアも重要だと言われていますので、一般企業でも心のスペシャリストが求められているのです。

 

もちろん、独立開業して自分のカウンセリングルームを持つということもできます。そのカウンセリングルームが勤務先となります。メンタルケア心理専門士レベルになると、やはり信用と信頼というのはけた違いになってきますので、クライエントも比較的集まりやすくなってくるのではないでしょうか。独立開業をするのに十分な資格だともいえるでしょう。

 

 医療機関でも比較的受け入れてもらえる

 

一般的にメンタル面のケアや心理カウンセリングとなると、医療機関での活躍を期待する方も多いのではないでしょうか。確かに、医療機関というのはメンタル面のケアも必要ですし、心理カウンセリングが必要なケースも多いものです。しかしながら、医療機関というのはなかなか民間資格の心理カウンセラーを取り入れようとしないのです。

 

精神科や心療内科というものが存在する以上、医療機関としては民間の心理カウンセラーに頼りたくないというのが本音でしょう。ただ、メンタルケア心理専門士レベルになってくると、医療機関でも比較的受け入れてもらえるようになります。というのも、メンタルケア心理専門士という資格がきちんとした団体から認定をうけているからです。

 

言ってしまえば、受け入れざるを得ないという感じかもしれません。しかしながら、メンタルケア心理専門士の資格を持っている方にとっては、これは大きなチャンスになります。医療機関での仕事というのは、かなりハードですが得るものも非常に多いのです。心理カウンセラーとして働いていく上ではやはり経験というものがものをいいますので、可能ならば医療機関での勤務をしておきたいものです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら