メンタルケア心理士在宅試験当日の流れ

 当日に答案用紙が送られてくる

 

メンタルケア心理士は在宅試験となるのですが、在宅での試験というものがいまいちイメージできないという方も多いのではないでしょうか。しかしながら、基本的には会場でおこなわれるような一般的な試験と変わりません。場所は自宅というだけの話です。

 

まず、受験日の2週間ほど前に受験票が郵送されてきます。受験において受験票の大切さというのは説明しなくともご理解いただけるかと思います。試験終了後には答案用紙と一緒に合意書を返却する必要が出てきますので、受験票は大切に保管しておきましょう。

 

試験当日の午前中にいよいよ問題用紙が郵送されてきます。おそらく書留で届くかと思います。ちなみに、14時までにこの問題用紙を受け取ることができない場合には無効になってしまいますので注意しておきましょう。試験時間は14時から16時までの2時間になります。試験時間になったら答案用紙を確認し、試験を開始します。

 

 試験が終わったら答案用紙を郵送

 

14時から試験を開始し、16時になったら試験時間終了ということになります。答案用紙と問題用紙、同意書を同封し、試験日当日か翌日までに簡易書留で郵送することになります。基本的に、これで在宅試験というのは終わりになります。郵送されたものを受け取る、受け取ったものを返送するという手間はかかるものの、基本的に一般的な会場でおこなわれる試験と変わりないのです。

 

在宅試験とはいっても、試験にあたっての注意書きのようなものはあります。「誰も見てないし・・・」と読み流してしまうのは絶対に避けたいところです。というのも、試験にあたっての注意書きには言ってしまえば在宅試験における心得のようなものが書かれているのです。当たり前のことではありますが、こういったものをしっかりと読み込んだ上で、ルールを守って在宅受験をおこなっていきたいものです。誰にも監視されることのない在宅受験というのは、リラックスできる反面、「誰もみていないから・・・」と甘えが出てしまうものです。

 

特に、メンタルケア心理士というのは公的にも認められている資格になります。それだけの重みがある資格の試験であるということをしっかりと自覚して、資格を取得しても恥ずかしくない状態で受験に挑みたいものです。初めての方は何をどうしたらいいのかわからないという状態になるかもしれませんが、基本的には試験を受ける場所が違うというだけですのでその点は安心しておきましょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら