メンタルケアとケアストレスの違いについて

 メンタルケアについて

 

メンタルケアというのは、文字通り、メンタルをケアしていくことを指します。要は、精神的な面をしっかりとケアしていくことです。人間というのは、肉体だけではなくメンタル面も非常に重要です。メンタルの状態が肉体に影響を及ぼすこともあるくらいですから、メンタルを軽視することができないのです。実際に、今の時代、メンタルに問題を抱えている方は多いものです。
基本的にメンタルが傷つかない人間というのはいません。誰もが何かしらの傷を抱えながら生きているものです。しかしながら、メンタルについた傷というのは自然に治っていくものもあれば、逆に時間をかけてひどくなっていくようなものもあります。すべての傷が自然治癒していけばそれがベストなのですが、現実にはそうもいきません。だからこそ、メンタルケアが必要になってくるのです。
特に、今の時代はメンタルが傷つきやすい時代です。目に見えないメンタルだからこそ、メンタルについてしまった傷というのは見落としてしまいがちですし、気づいてもそのまま放置してしまうこともあります。メンタルについてしまった傷を癒し、さらに傷つきにくいメンタルに持って行くためのケアがメンタルケアなのです。

 

 ケアストレスについて

 

ケアストレスというのは、文字通りストレスをケアしていくことを指します。人間は生きている以上、常に何かしらのストレスを抱えているものです。同じストレスであっても人によってストレスの受け方というのは大きく異なってきます。ダメージが大きい人もいれば、逆にダメージが小さい人もいるのです。
ストレスというのは目に見えないものですが、確実に人間をむしばんでいくものです。ストレスが原因で精神疾患になることも珍しくはありません。ストレスによって精神疾患にならないように、ストレスとの向き合い方、付き合い方というものを考えていくのがケアストレスなのです。ストレスを完全になくすのは無理ですが、受けるストレスを軽くしていくことはできますし、考え方でも違ってくるのです。
メンタルケアはあくまでもメンタルへの働きかけがメインになってきますが、ケアストレスに関してはストレスをどうしていうかということがメインになってきます。どちらも目に見えないものを相手にしていますが、それぞれで相手にしているものが違うのです。ただ、どちらも人間の精神や心を守るためには必要なことです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら