メンタルケア心理士以上なら心理カウンセラーとして独立可

心理カウンセラーの独立はしやすい

心理カウンセラーという仕事に憧れている方は多いでしょう。

 

しかしながら、心理カウンセラーという名前の資格はありません。

 

現在、いろいろな心理系の資格がありますので、そういったものを取得した上でカウンセリングを実際におこなっていくことによって、心理カウンセラーと名乗ることができるのです。

 

心理カウンセラーに関しては、基本的に細かな決まりはありません。

 

そのため、極端な話をすれば、資格を持たずに心理学を独学で勉強したというだけでも心理カウンセラーを名乗ることはできます。

 

しかしながら、心理カウンセラーにおいては信頼というものが重要になってきます。

 

独立するだけなら簡単ですが、その後、それで収入を得ていくためにはやはり信頼の証となるものが必要になってくるのです。

 

信頼の証が何もない状態では、独立しても、収入を得ることができないでしょう。

 

メンタルケア心理士以上であれば独立しても安心

心理系の資格にはいろいろなものがあります。

 

その中でもメンタルケア心理士の資格というのは、ひとつの目安になってきます。

 

というのも、メンタルケア心理士の資格というのはきちんとした知識があるということの証明になるのです。

 

だからこそ、メンタルケア心理士以上の資格を持っていれば、安心して独立することができます。

 

先でもお話ししましたように、心理カウンセラーにおいては信頼というものが重要になってきます。

 

どこの誰ともわからないような相手に、自分の心の悩みを打ち明けるのは難しいですし、そういった状態ではよいカウンセリングをおこなっていくことはできないものです。

 

カウンセラーとクライエントの間に信頼がないと、本当の意味でのカウンセリングはできないのです。

 

カウンセラーがメンタルケア心理士以上の資格を持っているとわかれば、それだけで信頼の証となります。

 

資格を取得するためにしっかりと勉強をしているのですから、クライエントも安心してカウンセリングを受けることができるでしょう。

 

メンタルケア心理士以上の資格を持っていれば、独立しても、信頼がありますので、それで収入を得ていくことというのはそう難しくはないはずです。

 

明確な規定があるわけではないものの、クライエントからの信頼ということを考えれば、心理カウンセラーとして独立できるのはメンタルケア心理士以上の資格を持ってからであるといえるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら