もっとも最難関の臨床心理士の資格を目指すのは非現実的

心理学において最難関と言われるのが臨床心理

心理学というものがいろいろなところで取り上げられるようになりました。

 

それだけ多くの方が興味を持っているのでしょう。

 

こういった中で心理学に関する資格というのも多く見られるようになりました。

 

いろいろな資格が存在しているのですが、その中で最難関と言われているのが臨床心理士の資格です。

 

心理学に関する資格の中では、最難関で実際に取得には時間も労力もかかります。

 

もちろん、経済的な負担も大きくなってくるでしょう。

 

一般的には指定された大学院へと進み、そこから臨床心理士資格の受験をすることになります。

 

その受験も簡単なものではありません。

 

最初から臨床心理士を目指してそのための進路を考えている方であれば問題ないのですが、ふと「あ、臨床心理士になろう」と思ってすぐに臨床心理士になれるものではないのです。

 

気軽に取得できる資格ではありません。

 

臨床心理士を目指すのは現実的とは言えない

心理学に関する資格の中で最難関と言われているのが臨床心理士です。

 

最難関ですから、もし資格を取得することができれば、その肩書というのはいろいろなところで役立つでしょう。

 

しかしながら、臨床心理士の資格を取得したからといって一生安泰というわけではありません。

 

というのも、臨床心理士の資格をせっかく取得したものの、それを活かせないままになっている方も少なくはないのです。

 

心理学を活かした仕事というのが求められている一方で、実際に求人は非常に少ない傾向にあります。

 

つまり、臨床心理士の資格を取得したからといって臨床心理士として働くことができるとは限らないのです。

 

言ってしまえば、最難関ではあるものの取得した後に最大限に活かせるかというと決してそうとは言い切れないのです。

 

むしろ、メンタルケア心理士といった資格のほうが活かせるかもしれません。

 

このように考えていくと、臨床心理士の資格を目指すのはあまり現実的とは言えないでしょう。

 

大学院まで行って、受験をして、資格を取得する・・・

 

しかし、だからといってそれが仕事で活かせるかというとまた別問題ですから、極端な話をすれば資格を取得したのに仕事が見つからないということもあるでしょうし、心理学とはまったく無関係の仕事に就くこともあるかもしれないのです。

 

現実をしっかりと見据えた上で心理学に関する資格を目指すのであれば、臨床心理士ではなくメンタルケア心理士のほうがいいかもしれません。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら